あなたの口コミ募集中
薬剤師さんの転職体験談を投稿すると商品券2万円分がもらえる!

薬剤師転職活動中の内定辞退のタイミングとベストな断り方

薬剤師転職活動の中で、ひとつの転職先に絞って活動するという人はおそらく少ないのではないでしょうか。限られている時間の中で転職活動を行うわけですから、同時進行も悪いことではありません。しかし、同時進行で面接を進めていると、内定通知を同じタイミングで受け取る可能性もあります。内定は嬉しいことですが、内定辞退は気が重いという人もいるのではないでしょうか。ここでは、内定辞退のタイミングとベストな断り方をお伝えします。ぜひ参考にしてください。

 

 

*内定辞退はできるだけ早く

 病院の開院に合わせた募集など、明確にスケジュールが最初に提示されている場合を除き、基本的に内定辞退はいつまでにしなければいけないというルールはありません。受け取った当日でも良いですし、1週間後でも良いといえば良いという曖昧なものではあります。しかし、内定辞退のタイミングは早ければ早いほうが良いもの。第一希望の結果がわかるまで待つ、など自分の中で線引きをして、そのタイミングで辞退を告げましょう。

 

 *内定辞退は、メールや手紙ではなく電話で

 内定承諾は言いやすいけれど、内定辞退は言いにくい…と、メールや手紙で済ませたくなってしまうかもしれませんが、内定辞退は電話がベストです。それは薬剤師の転職というカテゴリ関係なく、社会人としてのマナーだと考えてください。どうしても都合が合わないという場合は、メールでもかまいません。その場合は、誠意を尽くした返信を。いつどのタイミングでまた会うことになるかわからないのですから。

 

 *断る際に、本当の理由を言う必要はありません

 次に悩むのは断り方ですが、本当の理由を言う必要はありません。「他の職場に採用された」「もっと良い条件のところが見つかった」という理由は、あなたの心の中だけに秘めておきましょう。「個人的な事情で、今回内定辞退させていただくことに決めました。ご迷惑をおかけして申し訳ありません」と、理由は曖昧にしておくことをおすすめします。また、最初に内定通知をいただいたことに関するお礼の気持ちをしっかり述べることをお忘れなく。

 

*薬剤師転職の内定辞退も、1人で悩まないこと

 第一希望の結果がすぐにわかれば良いですが、しばらく先になるため内定承諾をするか内定辞退をするか決断を迫られることもあります。しかし、薬剤師転職において内定承諾や辞退を含め、求人情報を探すところから1人で悩んでいてもなかなか進まないもの。転職を決めたときには、まずは転職支援サイトに登録することからはじめましょう。転職支援エージェントが、内定承諾や辞退含め、親身になって相談に乗ってくれます。孤独に薬剤師転職活動をするのはつらいもの。頼れる相手を見つけましょう。


薬剤師転職サイトランキング!転職サイトはこう選べ!

薬剤師転職ランキングからおすすめサイトを選ぶ!
薬剤師の口コミから転職サイトを選ぶ!

この記事を読んだ人は次にこんな記事を読んでいます

  • 薬剤師が研究職に転職をする場合のポイント 薬剤師として日々たくさんの薬と向き合っていると、「こんな薬があればいいなあ」と思う事があります。 患者さんとのやり取りも重要な薬剤師の仕事ですから、患者さんを少しでも楽にしてあげたいと思うのは当たり前のことです。 […]
  • 病院や薬局勤務の薬剤師が外資系企業へ転職する方法 薬剤師の転職先として人気があるのが外資系企業です。病院や調査薬局、ドラッグストアでの収入よりもアップすることが人気の要因となっています。 外資系企業で働くと様々なメリットがあり、これまでに経験をしたことがないよう […]
  • 薬剤師が結婚をきっかけに転職をする場合のポイント 薬剤師が結婚を機に転職を検討する事例が多くなっています。 病院に勤務している薬剤師は残業があるので残業が無い職場を探してみたり、これからはお金が必要になるので収入をアップさせたいと考えてみたり、結婚が転職を考える […]
薬剤師のための転職コラム一覧に戻る
ページの一番上へ