あなたの口コミ募集中
薬剤師さんの転職体験談を投稿すると商品券2万円分がもらえる!

製薬会社の”学術”の紹介と転職のメリット

製薬会社の営業部門はMRが中心になって動いています。MRは一般の営業とは異なり、医薬品の情報を伝達することと副作用情報を収集することが主な仕事となっています。

医薬品情報は日々更新されていくのでそれに対して、MRに対して情報を整理して提供するのが学術部門といわれる部門です。

 

学術という名前そのものかつては一般的でしたが、最近は情報があまりにも複雑になっていることから領域別MRを導入している部門でその領域の管理者が学術の役割を果たしている場合もあります。

 

学術の役割

地域あるいは全国のオピニオンリーダーとの交流や新規文献を収集することにより、その情報をMRが伝えやすいような資料を作成したり、情報伝達方法の選択を行ったりします。

 

現在の情報伝達方法に関しては、MRが1対1で情報伝達する際にも動画を利用することが多くなっており、また動画を顧客に届ける場合もあります。

 

パンフレットの作成に関しては、公正取引委員会で問題が起こらないようなチェックをする必要があることから、原則本社部門で作成します。学術の役割としてはそのパンフレットをどのように説明するかの改正を作成することやパンフレットに対する医師からの質問に対しての回答を作るなどの仕事を行います。

 

オピニオンリーダーが新薬に関するアイデアを持っている場合には、それを拾い上げて、研究所等に伝えることも大事な仕事です。

 

これらの仕事を行うのが学術の役割となります。つまり、営業、新薬開発、研究所の接着剤の役割ということです。

 

学術に期待されること

オピニオンリーダーに関して、その分野に関しては同等の話をすることがあることから、専門知識は少なくともMRよりも上でなくてはなりません。薬剤部出身が重視されるところです。

さらに、知識を常に亢進しておく必要があります。また、厚生労働省が出すDI情報にも敏感になる必要があります。自社の医薬品だけでなく、他社の医薬品に関しても知っておく必要があります。

 

さらに、将来オピニオンリーダーになるような人とも人脈を作ることも必要です。MR.は地域のオピニオンリーダーとの人脈が必要ですが、学術は全国的なオピニオンリーダーとの人脈が必要になります。

 

学術への転職

MR.への転職募集は最近増えていますが、学術としての転職募集はあまりありません。

 

新薬の目の探索と市販品の成長を横から支えるという、違った方向のアンテナを持つことが必要ですので、全く経験のない人間には難しいからです。

 

MR.資格は持っている方が有利になるかもしれませんが、それは薬剤師免許とあまり変わりません。現在の知識と人脈がものをいいます。

 

収入に関しては、単なるパンフレットの参考資料を作っているだけではMRと変わりませんが、最新の知識を更新できており、人脈を有していれば一段上の収入が期待できます。

 

最新知識の更新には全国学会だけでなく、地方学会にも参加して人脈を作ることになります。学会は土曜、日曜にあり比較的休暇を取りにくい業種です。

 

この分野で専門知識を高めた場合には、会社の出世より、大学の教員等にも転職可能になります。また本社でのパンフレット作成や宣伝材料の作成部門(学術の本社部門や営業部門の管理職)への道もあります。

 

経験がない調剤薬局の人がいきなり学術に応募することは今までの説明では、無理筋のような雰囲気があるかもしれません。決してそんなことはありません。最初は皆新人です。人脈形成も先輩が継続してくれるかもしれません。大学入試以上の勉強をする気持ちがあれば学術への転職は可能だと思います。

 

繰り返しますが、製薬会社に転職する場合には、どの場面でも大学入試や薬剤師の免許を取るための勉強よりも、常にそれ以上の勉強を自主的に行うことが必要です。


薬剤師転職サイトランキング!転職サイトはこう選べ!

薬剤師転職ランキングからおすすめサイトを選ぶ!
薬剤師の口コミから転職サイトを選ぶ!

この記事を読んだ人は次にこんな記事を読んでいます

薬剤師のための転職コラム一覧に戻る
ページの一番上へ