あなたの口コミ募集中

家庭とプライベートの両立ができるようになりました

「薬剤師転職ドットコム」は調剤薬局事業NO.1のアインホールディングス株式会社のグループ会社【メディウェル】が経営。もちろん厚生労働省認定で納得の転職実績です。
常時27,000件以上の厳選求人を取り扱い、専門コンサルタントがサポートしてくれます。
また、会員登録すると会員限定のプレミアム非公開求人を紹介してもらえるので、まずは無料登録を済ませましょう!

アインホールディングス株式会社は調剤薬局事業界の最大手企業です。しっかりした経営母体の元、厚生労働省の認可・プライバシーマークを取得し人材紹介事業を行っています。
高い転職率の秘密は27,000件以上の厳選された求人にあります。中でも病院求人数とその質は業界No.1!全体の4割が病院に成約していて、医師の紹介事業と病院コンサルティング事業で築いた強固な医療機関ネットワークで他社にはない求人、詳細な情報を紹介しています。
その中には年収600万円以上の高収入、土日休み、残業なし、駅から近い薬局、未経験・プランク可の人気が高い調剤薬局求人などもあり多くの成約を決めているサイトです。
厳選された非公開求人を紹介してもらって成約を決めるためにもまずは無料登録しましょう!

口コミ評価平均
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星
4.6点

家庭とプライベートの両立ができるようになりました

評価
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星
  • 星
5

投稿者:ともなお さん

大手調剤薬局に勤務していましたが、慢性的に人手不足で常に忙しい上 残業が多く、家庭との両立が難しいためこちらに登録をしました。
はじめての転職だったので何から始めればいいのか、 本当にこれでよかったのかと何度も考えました。
それでもコンサルタントの方に相談し、 転職スケジュールを教えていただいたり、 プライベートの時間を考慮した「通勤時間30分以内で18時退社、 月残業10時間以内の好条件求人」をご紹介いただいたときに 「私も家庭とプライベートを両立した働き方ができるんだ」 ととても安心したのを覚えています。
仕事をしながらの転職活動だったのでコンサルタントの方には 私の代わりに面接スケジュールを組んでいただいたり 希望に沿うような条件交渉にご対応いただき大変助かりました。
今の職場は非常に働きやすく、スタッフの皆様も 優しく接してくれるので、思いきって転職して本当に良かったです。

初めての転職の時は不安で一杯ですよね。転職というのはやはり大きな転機になるので、一人で悩み続けるよりもやはり誰かに相談できると自分も冷静になれて正確な判断ができると思います。薬剤師転職ドットコムのコンサルタントのサポートは非常に強力なので登録して良かったと思います。転職おめでとうございます。

この転職サイトを見てみる
ランキングから転職パートナーを見つける

この記事を読んだ人は次にこんな記事を読んでいます

  • 年収600万円の薬剤師の求人は本当にある? 転職をするからには、今よりも良い待遇を得たいと思うのは当然なことですね。様々な職種がある中で薬剤師は比較的年収という面の待遇で恵まれている職業ともいえるでしょう。 もちろん資格を必要とする仕事なので、当然ともいえるかもしれません。そこで600万円を超える求人を薬剤師は探すことはできるの?という転職をする方にとって気になることを調べていきましょう。 ★薬剤師の平均年収は […]
  • 薬剤師転職活動中の内定辞退のタイミングとベストな断り方 薬剤師転職活動の中で、ひとつの転職先に絞って活動するという人はおそらく少ないのではないでしょうか。限られている時間の中で転職活動を行うわけですから、同時進行も悪いことではありません。しかし、同時進行で面接を進めていると、内定通知を同じタイミングで受け取る可能性もあります。内定は嬉しいことですが、内定辞退は気が重いという人もいるのではないでしょうか。ここでは、内定辞退のタイ […]
  • 病院や薬局勤務の薬剤師が外資系企業へ転職する方法 薬剤師の転職先として人気があるのが外資系企業です。病院や調査薬局、ドラッグストアでの収入よりもアップすることが人気の要因となっています。 外資系企業で働くと様々なメリットがあり、これまでに経験をしたことがないような仕事をする場面にも出会います。 薬剤師の方が外資系企業に転職する方法についてまとめます。   薬剤師が転職する外資系企業について 薬剤師の方 […]
  • 製薬会社の「薬事部」の紹介と転職のメリット 製薬会社の「薬事部」とは厚生労働省の折衝を行う部門です。一番大きい仕事は新医薬品の承認申請です。   医薬品の申請書類の中核をなす申請概要は「品質」、「有効性」、「安全性」を確保していることを文書を持って説明するものです。この文書の体系はICH(日米EU医薬品規制調和国際会議)でCTDとして共通のガイドラインが施行されています。しかし、各国では申請先の相手や […]
ページの一番上へ