あなたの口コミ募集中
薬剤師さんの転職体験談を投稿すると商品券2万円分がもらえる!

製薬会社の管理薬剤師の仕事は?

管理薬剤師は、医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律(医薬品医療機器法:かつては薬事法と呼ばれていました。)で薬局や店舗、製造業では拠点毎に設置が義務づけられている責任者のことです。製薬会社は製造業ですので、拠点には管理薬剤師が配置されています。

 

製薬会社における管理薬剤師の業務は調剤薬局のように薬剤師の管理職の部分はなく、副作用情報の収集がほとんどです。小さな支店、出張所では単なる電話番になる可能性もあります。

 

管理薬剤師の仕事とファーマコビジランス

医薬品医療機器法では、再審査期間中の有害事象の発生を把握することを製薬会社に義務づけています。その役目の中心となるのがファーマコビジランスと呼ばれる有害事象情報の収集、分析、厚生労働省に報告する部署です。

 

管理薬剤師の設置が義務づけられたのはファーマコビジランス業務が義務となるよりも早かったことから、ファーマコビジランス部門が開設するまでは副作用情報の収集と伝達の管理を行っていました。しかし、副作用情報の伝達は実務的にはMRが行う仕事ですから、内容を説明し、仮想質問に対する答えを用意したりすることでした。

 

副作用が発生した場合には、MR.に副作用報告書の記載を医師に頼むように伝達することが必要でした。

 

現在では副作用情報の伝達、収集は営業と独立したファーマコビジランス部門の責任となっています。しかし、実務はMRが体を動かして情報の伝達と収集を行っているのが現状です。

 

従って、現状では製薬会社の管理薬剤師は法律に記載があるので、設置しているだけになっている場合も存在します。逆にファーマコビジランス部門の地域の実務者として情報の収集まで行っている場合もあります。

 

管理薬剤師の働きがい

ファーマコビジランス部門についている場合には、ダイレクトに副作用情報を収集し、中央に伝達することになります(厚生労働省への届けは普通、本社のファーマコビジランス部が行います)

その場合にはかなりやりがいもあり、販売している品目に制がん剤などの全例調査が必要となった場合にはかなり忙しい仕事となります。

 

そうでない場合には、本社から来る副作用情報をMRに伝達するぐらいで、他は電話番という場合もあります。

 

後者の場合には、若いうちに製薬会社の最前線をみて、今後のキャリアに役立てる、つまり長期に働く場所とは考えにくいものです。

 

管理薬剤師の給料

製薬会社によってかなり差があります。この差は、業務内容によってはほとんど昇給がない場合とファーマコビジランス部門に属した場合には、仕事の評価によって昇給する可能性があるからです。

 

ファーマコビジランス部門の地域担当である場合には、本社と同様の昇給が望めます。その地域のドクターと人脈を持つことができればMR.に引っ張られることもありますし、副作用情報でしっかりとドクターとディスカッションしている場合には本社のファーマコビジランス部門から引っ張られることもあります。

 

ファーマコビジランス部門と関わりがない場合には、転勤の可能性もすくなく、残業もほとんどありません。しかし将来的には出世があるかというと、管理薬剤師としての出世はありません。また、募集に関しても、前任者が定年などで辞めるまでは席が空くことはすくない部門です。支店、出張所レベルの募集の場合にはその可能性が高くなります。

 

管理薬剤師として副作用情報の伝達、収集に生きがいを感じる場合、ファーマコビジランス部門が募集していることを確認しておく必要があります。

 

治験薬や製剤見本の管理

治験薬に関しては、病院に直送することが可能になったことから、管理薬剤師の仕事はほとんど無くなっています。

 

製剤見本に関しても、一施設に持って行ける量に制限があることから、あまり仕事は発生しません。


薬剤師転職サイトランキング!転職サイトはこう選べ!

薬剤師転職ランキングからおすすめサイトを選ぶ!
薬剤師の口コミから転職サイトを選ぶ!

この記事を読んだ人は次にこんな記事を読んでいます

薬剤師のための転職コラム一覧に戻る
ページの一番上へ