あなたの口コミ募集中
薬剤師さんの転職体験談を投稿すると商品券2万円分がもらえる!

薬剤師が転職をする場合の確認事項と注意点

薬剤師はサラリーマンやOLと比べて転職しやすい職業の1つです。

薬剤師を求めている病院や企業は多く、また研究や開発を専門にする職場やドラッグストアのような一般的な店舗など幅も広がっています。

では、薬剤師として転職する場合にはどのような点に注意すればいいのでしょうか?何度も転職を繰り返さないためにも薬剤師の転職における確認事項をまとめます。

 

薬剤師は転職しやすい

薬剤師は他の仕事に比べると転職しやすい職種です。大学や大学院を卒業して、薬剤師としての資格を持っている事が大きいです。一般企業で働いている人が薬剤師を求めている職場へ転職はできませんからね。

そのため、求めないのであれば転職先はたくさんあると言えます。結婚や出産で引退をした後でも、ドラッグストアのパートとして働くことだってできます。

普通のパートよりもはるかに高い時給で働くことが出来ますので、こだわらなければ仕事がなくなることはありませが、せっかくの薬剤師の資格を活かさない手はありません。

 

薬剤師として転職する注意点

転職を決めた薬剤師は、まず転職先を探すことになるでしょう。

通常、一般企業だと40代になるとぐっと転職の成功率はぐっと下がります。企業としても高額な人や前職で管理職をしていた人をいきなり採用するのには勇気とコストがかかるからです。

その点、薬剤師は40代、50代でも比較的転職しやすいです。簡単に転職できるからといって、転職先で求められているスキルを認識していないことがあります。

いきなり難しい役職に就くこともありますので注意が必要です。

 

薬剤師として転職する場合の確認事項

転職する場合はまず最初に年収をチェックしましょう。薬剤師が転職をして給料が上がることは少なくありません。せっかくですからより評価してもらえる企業を選ぶ方がいいでしょう。

次に、残業や勤務体系をチェックします。病院の専門的な部門に配属されると、残業が多く土日出勤もある場合があります。そして、周りで働いている人をチェックしてみましょう。

薬剤師として年収が良いために我慢して働いている例は少なくありません。転職先が活気に満ちているのか自分の目で見ておくといいでしょう。

 

薬剤師の転職は妥協をしない

転職しやすいからといって「ダメだったらまた次を探せばいいや」の気持ちでいると失敗を繰り返します。薬剤師が転職しやすくても何度も転職している人は評価されないからです。

自分が何をしたいのか、どのような条件が優先順位として高いのかを確認し、転職支援エージェントに相談してみてください。

 


薬剤師転職サイトランキング!転職サイトはこう選べ!

薬剤師転職ランキングからおすすめサイトを選ぶ!
薬剤師の口コミから転職サイトを選ぶ!

この記事を読んだ人は次にこんな記事を読んでいます

  • 薬剤師が転職をする際に重要な志望動機の好事例 薬剤師が転職をしようと思い面接をすると、一般企業と同じように絶対に聞かれるのが「志望動機」です。履歴書にも必ず書く項目の1つですね。 何となく転職をしてみようかな、という軽い気持ちであれば志望動機も曖昧になってし […]
  • 病院や薬局勤務の薬剤師が外資系企業へ転職する方法 薬剤師の転職先として人気があるのが外資系企業です。病院や調査薬局、ドラッグストアでの収入よりもアップすることが人気の要因となっています。 外資系企業で働くと様々なメリットがあり、これまでに経験をしたことがないよう […]
  • 薬剤師が研究職に転職をする場合のポイント 薬剤師として日々たくさんの薬と向き合っていると、「こんな薬があればいいなあ」と思う事があります。 患者さんとのやり取りも重要な薬剤師の仕事ですから、患者さんを少しでも楽にしてあげたいと思うのは当たり前のことです。 […]
薬剤師のための転職コラム一覧に戻る
ページの一番上へ