あなたの口コミ募集中
薬剤師さんの転職体験談を投稿すると商品券2万円分がもらえる!

薬剤師の転職!保健所に転職するメリットとデメリットとは

薬剤師が転職する際の選択肢のひとつとなる「保健所」。調剤業務があるわけではありませんから、薬剤師と保健所という組み合わせにピンとこない人もいるかもしれませんが、それでも一定の転職希望者は存在します。つまり、薬剤師が転職する場合の人気の転職先のひとつということ。ここでは、薬剤師が保健所に転職するメリットとデメリット、そして保健所での仕事内容をご紹介します。保健所への転職を視野に入れているという方も、そうでない方もぜひ参考にしてください。

 

 *保健所での仕事内容とは

 保健所での仕事内容を大きく分けると、事務と検査の2つになります。調剤薬局や病院を開設する際に必要な開設許可に関する事務手続きや、食品衛生関係の検査も保健所の仕事のひとつ。その他、献血の推進や、その地域の保健所独自のイベント等の手伝いを行うこともあります。病院や調剤薬局のような、調剤業務は含まれません。また1つの保健所に、複数人薬剤師がいることは少なく、1ヶ所につき1人ということも多いでしょう。

 

*薬剤師が保健所に転職するメリットとは

 保健所への転職の最大のメリットは、公務員でありそして何より安定しているということ。高い確率で週休2日制、残業もほとんどなく、手厚い社会保障もあります。検査内容も、力仕事はほとんどありません。結婚、妊娠、出産、子育てを行いながら、定年まで働ける環境が整っている場合が多く、特に女性薬剤師に人気の転職先となっています。

 

*薬剤師が保健所に転職するデメリットとは

 いいことずくめの保健所への転職のように思えますが、薬剤師が保健所に転職した場合のデメリットも存在します。初任給は20万~25万円と調剤薬局に勤務する薬剤師に比べれば少なく、部署異動もゼロではないため、自分の意思で動ける範囲が狭いともいえます。また、地方公務員には年齢制限があります。また、29歳までに公務員試験に合格する必要があるため、ゆっくり転職を考えていると、年齢制限に引っかかってしまいます。急いで決断しなければいけないというのもひとつのデメリットといえるでしょう。

 

 *保健所の採用数は少ないけれど人気の転職先

 安定した職である、保健所。保健所への転職が難しいといわれるのは、圧倒的な求人数の少なさも理由のひとつです。しかし、だからといって求人がゼロというわけではありません。チャンスを逃さずに転職活動を行うことが大切ですが、1人で莫大な情報の中から探すのは大変。そこで役立つのが、転職支援サイト。頼れる経験豊富な転職支援エージェントが、保健所への転職をサポート。無料相談で、あなたの希望をお話しください。


薬剤師転職サイトランキング!転職サイトはこう選べ!

薬剤師転職ランキングからおすすめサイトを選ぶ!
薬剤師の口コミから転職サイトを選ぶ!

この記事を読んだ人は次にこんな記事を読んでいます

  • 薬剤師が研究職に転職をする場合のポイント 薬剤師として日々たくさんの薬と向き合っていると、「こんな薬があればいいなあ」と思う事があります。 患者さんとのやり取りも重要な薬剤師の仕事ですから、患者さんを少しでも楽にしてあげたいと思うのは当たり前のことです。 […]
  • 病院や薬局勤務の薬剤師が外資系企業へ転職する方法 薬剤師の転職先として人気があるのが外資系企業です。病院や調査薬局、ドラッグストアでの収入よりもアップすることが人気の要因となっています。 外資系企業で働くと様々なメリットがあり、これまでに経験をしたことがないよう […]
  • 薬剤師が結婚をきっかけに転職をする場合のポイント 薬剤師が結婚を機に転職を検討する事例が多くなっています。 病院に勤務している薬剤師は残業があるので残業が無い職場を探してみたり、これからはお金が必要になるので収入をアップさせたいと考えてみたり、結婚が転職を考える […]
薬剤師のための転職コラム一覧に戻る
ページの一番上へ