あなたの口コミ募集中
薬剤師さんの転職体験談を投稿すると商品券2万円分がもらえる!

薬剤師の転職先、大学病院を選ぶメリットとデメリット

薬剤師の転職先として一般的にイメージされるのは調剤薬局や、病院ですが、中には「大学病院」に絞って転職先を探すという方もおられます。ここでは、薬剤師の転職先を探す際に、大学病院に絞って考えたときのメリットとデメリットをお伝えします。転職先として大学病院を考えたことがなかったという方も、まずは一度目を通してください。新たな転職希望先のひとつとなるかもしれません。

 

 *「病院」ではなく「大学病院」を選ぶということ

 病院と大学病院の一番の違いは、大学の学生たちの実習に参加し、教育する立場にもなるということ。人に教えるということは自分の勉強にもなりますし、良い刺激を受けることにもなります。また大学病院には最先端の設備や薬剤が揃っていることが多く、一部の大病院を除き、一般的な病院では得られない経験ができる分、それだけの知識や勉強も求められるため、日々勉強し続けるという覚悟も必要になります。やる気があればあるだけ、吸収できるものも多いでしょう。

 

 *薬剤師の転職先に大学病院を選ぶメリット

 大学病院で行う調剤は、調剤薬局のように処方箋に従って行うものばかりではありません。電子カルテを元に「処方箋調剤室」で調剤を行い、治験センターが併設されている大学病院であれば薬剤の研究開発に携わることにもなります。基本的に大学病院とは、様々な患者さんが訪れる場所であり、薬剤師=調剤という枠を超えて、様々な経験を積むことが可能です。薬剤師としてスキルアップしたいと考える人には絶好の職場といえるでしょう。

 

*薬剤師の転職先に大学病院を選ぶデメリット

 経験を積むことができる大学病院への転職ですが、デメリットも存在します。基本的に24時間体制であることから、夜勤など不規則な勤務体系になることが多く、収入の面でも調剤薬局や企業薬剤師と比べると劣ることが多いです。また、入院患者、医師や看護師など様々な人と接することが多く、コミュニケーション能力も必要とされるため、多くの人と接することに苦手意識がある人はデメリットと感じるかもしれません。

 

 *専門的な知識や経験を身に着けたい人にはおすすめの転職先

 メリット・デメリットともにある、薬剤師の転職先である大学病院ですが自身のスキルアップにはとても適した場所だと言えます。また、大学病院なら、ある程度他の県に行ってもいいと考えた場合は、情報収集の範囲もかなり広がります。しかし、そんなときは1人で抱え込まず、転職支援サイトを活用することをおすすめします。登録することで、転職支援アドバイザーが親身になってあなたの転職を完全サポート。まずは登録をご検討ください。きっと強い味方になってくれるはずです。


薬剤師転職サイトランキング!転職サイトはこう選べ!

薬剤師転職ランキングからおすすめサイトを選ぶ!
薬剤師の口コミから転職サイトを選ぶ!

この記事を読んだ人は次にこんな記事を読んでいます

  • 薬剤師が研究職に転職をする場合のポイント 薬剤師として日々たくさんの薬と向き合っていると、「こんな薬があればいいなあ」と思う事があります。 患者さんとのやり取りも重要な薬剤師の仕事ですから、患者さんを少しでも楽にしてあげたいと思うのは当たり前のことです。 […]
  • 病院や薬局勤務の薬剤師が外資系企業へ転職する方法 薬剤師の転職先として人気があるのが外資系企業です。病院や調査薬局、ドラッグストアでの収入よりもアップすることが人気の要因となっています。 外資系企業で働くと様々なメリットがあり、これまでに経験をしたことがないよう […]
  • 薬剤師が結婚をきっかけに転職をする場合のポイント 薬剤師が結婚を機に転職を検討する事例が多くなっています。 病院に勤務している薬剤師は残業があるので残業が無い職場を探してみたり、これからはお金が必要になるので収入をアップさせたいと考えてみたり、結婚が転職を考える […]
薬剤師のための転職コラム一覧に戻る
ページの一番上へ