あなたの口コミ募集中
薬剤師さんの転職体験談を投稿すると商品券2万円分がもらえる!

治験コーディネーター(CRC)への転職のメリットとデメリット

薬剤師が転職する場合、薬剤師の資格が活かせる薬剤師以外の職業に就くというのもひとつの方法です。例えば、薬剤師からの転職で人気がある治験コーディネーターもそのひとつ。薬剤師の資格が必要な仕事ではありませんが、資格があると転職にも優位に働くことが多いといわれています。ここでは、治験コーディネーターへの仕事内容、そしてメリットとデメリットについてお伝えします。

 

*治験コーディネーターの仕事内容とは

製薬会社などが新しく開発した医薬品は、病院などで一般的に使用されるまでに検査が行われます。対象の病気を持つ人や、一般人など種類は様々ですが、実際にその医薬品を投与し、データをとった上で安全性や効き目を確認していくことになります。治験コーディネーターの仕事とは、安全性や効果など3段階に渡って試験を行い、その治験のデータを収集するだけでなく、治験に参加してくれる人を探したり、治験内容の説明をしたりと幅広く、新薬開発についてなくてはならない存在だといえます。

 

*治験コーディネーターへの転職のメリットとは

治験コーディネーターの仕事のメリットは、病院や薬局という枠を超えて働くことができる点。また、自分の担当内容がある程度大きいため、自分でスケジュールを組むことが可能です。大変な一面もありますが、スケジュール調整や管理が得意な人にとっては働きやすい職種といえるでしょう。また、自分が治験を行った新薬が世の中に生まれた場合感じる達成感ややりがいも、治験コーディネーターの仕事特有のメリットといえます。

 

*治験コーディネーターへの転職のデメリットとは

治験コーディネーターへの転職のデメリットとして一番にあげられるのが給料面です。未経験治験コーディネーターの年収は多くても400万円といわれており、薬剤師時代に比べて下がる場合がほとんどといえるでしょう。また、スタッフや治験参加者たちとの間を調整する業務や事務作業など、薬剤師時代にはほとんど行っていない内容の仕事も多く、得意不得意が分かれる分野でもあります。慣れるまでは、残業をすることも多く、勤務先によっては早出や遅番など不規則な勤務体制になることもあります。

 

 

*メリット・デメリットを考えた上での転職を

薬剤師から治験コーディネーターへの転職は、決して珍しいものではありません。しかし、仕事内容やその施設での勤務体制など、しっかりと情報を得て転職を行わないと「こんなはずでは…」となりがちな職種でもあります。しかし、わかっていても自分1人で情報収集をするのは、時間も手間もかかるもの。そんなときは、転職支援サイトの利用が便利です。無料で転職支援エージェントとの相談が可能なだけでなく、あなたが考える転職について具体的なアドバイスも貰えます。自己判断で転職を行う前に、まずは一度登録することをおすすめします。


薬剤師転職サイトランキング!転職サイトはこう選べ!

薬剤師転職ランキングからおすすめサイトを選ぶ!
薬剤師の口コミから転職サイトを選ぶ!

この記事を読んだ人は次にこんな記事を読んでいます

  • 薬剤師が研究職に転職をする場合のポイント 薬剤師として日々たくさんの薬と向き合っていると、「こんな薬があればいいなあ」と思う事があります。 患者さんとのやり取りも重要な薬剤師の仕事ですから、患者さんを少しでも楽にしてあげたいと思うのは当たり前のことです。 […]
  • 病院や薬局勤務の薬剤師が外資系企業へ転職する方法 薬剤師の転職先として人気があるのが外資系企業です。病院や調査薬局、ドラッグストアでの収入よりもアップすることが人気の要因となっています。 外資系企業で働くと様々なメリットがあり、これまでに経験をしたことがないよう […]
  • 薬剤師が結婚をきっかけに転職をする場合のポイント 薬剤師が結婚を機に転職を検討する事例が多くなっています。 病院に勤務している薬剤師は残業があるので残業が無い職場を探してみたり、これからはお金が必要になるので収入をアップさせたいと考えてみたり、結婚が転職を考える […]
薬剤師のための転職コラム一覧に戻る
ページの一番上へ