あなたの口コミ募集中
薬剤師さんの転職体験談を投稿すると商品券2万円分がもらえる!

あなたも誤解?!WEBで転職先探しが出来るって思っていませんか?

転職がちょっと気になったから、WEBで求人情報をちょこちょこ探している。もしあなたがこんな症状に陥っていたら、それは危険信号。WEBで検索できるような求人情報だけで転職の可能性を考えてしまうのはあなたの未来を狭めてしまうかも。なぜ、ググってはいけないのか?そこに、"あの人"よりもちょっと良い条件で転職できる秘密が隠されているんです。


今の時代、ネットになんでも載っている。という幻想

検索エンジンで「薬剤師 転職」と調べると実に100万件以上のサイトがヒットし、多くのサイトに◯万件の求人情報を紹介!という文言が謳われています。もう十分すぎるほど情報があって、自分にはむしろ選びきれない。と思っているあなた。でもそれは、あなたの転職可能性の半分も見えていないかもしれません。あなたにピッタリの情報は、WEBサイトの向こう側に用意されているんです!!?

 

「首都圏求人」や「好条件求人」の多くはWEBで探せない!

首都圏で転職を考えていますか?また好条件の求人に興味ありますか?もし、どちらか一方でも当てはまるなら、WEBで転職情報を探すことは徒労かもしれません。

 

好条件求人は、企業側がどうしても人が欲しい場合や急いで探している場合などに、通常よりも良い条件で求人情報を提示します。よって、現在その職場で働いている人に見られてしまうと、職場内の不満になったり、さらに条件見直しの交渉になってしまったりと経営リスクを高めてしまいます。よって、ウェブ上には掲載せずに、特定の信頼できる転職支援会社にのみ開示します。特に首都圏ではこの傾向が強いため、非公開になっている求人情報が多いのです。

 

転職支援サイト等で求人情報を検索したり、チラシや知人の紹介などで転職を考えている方は、この大注目案件を全て見逃してしまっているのです。その数も1つや2つではありません。数千、数万という非公開求人があるのですから、無視できないとおもいませんか?

 

もう諦めちゃうの?条件交渉で決めたいあの転職先!

求人情報に掲載された情報だけをみて、自分の条件と合っている、合っていないを判断していませんか?

 

それはすこし尚早な判断かもしれません。たしかに掲載情報は企業の第一希望のような条件です。ですが、現在売り手市場の薬剤師転職業界において、多くの企業はより広く転職者を迎えたいとも考えています。つまり、転職者の希望といくつかミスマッチな部分も出てきても、調整できるチャンスがあるのです。

 

このチャンスを見逃して諦めてしまっていては、希望の職場への可能性も萎んでしまうかも。ただ、あなたが面接をしてくださる企業担当者様に対し、給与や雇用条件を提示とはことなる条件に変えてくれるように交渉することは、転職後の関係値を考えても踏み出せない、と思う方が大半ではないでしょうか?

 

そこで、転職コンサルタントの活用が効果的です。普段から転職決済者と関係作りをし、交渉のコツを抑えている転職コンサルタントが、あなたに代わって、客観的な立場で言いにくいこともしっかり伝えて、交渉してくれます。それによって、ちょっと条件が合わなかった希望の職場への転職の道が開けるかもしれません。これらは無料のサービスなのです。

 

あなたの検索条件。それは先入観の固まりかも。

 検索条件に入れている条件、検索結果で見ている転職先の業種や特徴など。それ本当に本当にあなたの将来にとって一番いい選択肢なのでしょうか?

 

転職条件を決めるためには、まず自分自身と向き合い、転職市場を広く展望し、将来のキャリアを見越し、そこから転職条件を見ていく、という流れが基本となります。ただ、自分だけで探していると、どうしても、自分自身と深く向き合うことなく、他業種も分からないことばかりで、将来よりも目先の条件に目がいってしまい。。と結局、自分で入力した検索条件そのものが、自分の未来を狭めてしまっているという皮肉な結果を生んでいるかも。

 

まず転職が少しでも気になったら、薬剤師さん専用のキャリアコンサルタントに相談して、最適な条件を一緒に模索し、そしてそれにあった理想な転職先を、時に交渉を交えながら見つけていくことが最良の結果へと繋がっているのではないでしょうか。


薬剤師転職サイトランキング!転職サイトはこう選べ!

コラムのまとめ!

  • ネットにはお宝情報はほとんど流れない!
  • 「首都圏」「好条件」が気になる方は転職コンサルに相談すべし。
  • 自分で決めた検索条件は、より狭い未来しか生まない。
薬剤師転職ランキングからおすすめサイトを選ぶ!
薬剤師の口コミから転職サイトを選ぶ!

この記事を読んだ人は次にこんな記事を読んでいます

薬剤師のための転職コラム一覧に戻る
ページの一番上へ