あなたの口コミ募集中
薬剤師さんの転職体験談を投稿すると商品券2万円分がもらえる!

薬剤師さんの転職スケジュール例をご紹介します。

転職のスケジュールはケースバイケースではありますが、一般的には1ヶ月から3ヶ月で転職されるケースが多くなります。スケジュールの中でもっとも時間がかかるのは、転職先の選定ではなく、現在の就職先との退職日の調整であることが多いようです。 スムーズな転職を進めるためにもスケジュールと主なタスクをご紹介します。 


転職活動はいつから始まるの?

いつからを転職活動と定義するかは難しいですし、また意味のあることではないですよね。
ただ、「転職しようかな」と思い立ったその日が転職活動の始まりではないでしょうか。

 

少しでも転職が気になったなら、早めに情報収集まではすべきです。早ければ早いほど、現実的、かつ有利な転職活動を展開できるようになります。また転職コンサルタントなどの専門家のアドバイスを受けながら進めることで忙しい方でも、転職に不慣れでも安心して進んでいけるでしょう。

 

スケジュール&タスク:半年から3ヶ月前

転職志望がはっきりしている人には不要な期間です。

 

転職したいのは今の職場の何が不満なのか、今の職場で出来ることはないのか、転職先でも目標はなにか、など忙しい日常の中でも、いったん落ち着いて考えてみる時間を作るといいでしょう。あいまいな気持ちのまま進むのは結局時間の無駄になります。落ち着いて考え、それでも転職という可能性が心に残るのであれば、本格的に情報収集を始めて見ましょう。

 

  • なぜ転職したいのかを落ち着いて考えてみる(自分でしっかり考える。近くで働きたい、など簡単なことでも良い)
  • 今の職場で出来ることはないのか、と問いかけてみる(引越等の外的要因であれば不要です)

 

落ち着いて、現在と未来を見つめ直す時間を作る、ということに限ります。親しい友人や家族に相談してみるのもいいでしょう。

 

スケジュール&タスク:3ヶ月前

転職について自分の希望がある程度固まったら、まずは転職コンサルタントに相談してみましょう。そして、具体的な転職先を検討すること。自分自身の意思がはっきりしていればいる程、すぐに新しい転職先は見るかるはずです。また、転職コンサルタントとのやりとりの中で、新たな価値観や可能性を見つけて、転職先候補が広がるかもしれません。

 

  • 薬剤師の転職マーケットの現状分析(をコンサルタントから聞く)
  • ご自身の客観的評価額分析(をコンサルタントから聞く)
  • 給与条件などの最低ラインの確認
  • 志望する現場の絞りこみ(をコンサルタントから聞く)
  • 履歴書や職務経歴書の作成

 

などの行動が挙げられます。具体的な転職活動の準備を整え、手応えを感じた案件が出てきたら、早めに退職への準備を進めるようにしましょう。

 

スケジュール&タスク:2ヶ月前から1ヶ月前

整理した情報をもとに、コンサルタントと二人三脚で転職活動を淡々と進める時期です。転職先との調整はそこまで心配しなくてもよいでしょう。それよりも、業務の引き継ぎ相手を見つけ、整理していくことはあなたしかできませんので、最後まで丁寧に進めていきましょう。

 

  • 今の職場でやっておくべき事の整理
  • 知人や家族へ転職活動に臨む旨の説明
  • 現在の職場への退職願の提出(現在の職場の就業規則を確認しましょう。)
  • 退職に当っての手続き、返却するものなどのリストアップ

 

円満退社をするためにも様々な準備、根回しが必要になりますので、早め早めの行動がキーになります。

 

スケジュール&タスク:転職1週間前

さぁ、いよいよ退職、転職という雰囲気になります。「立つ鳥が跡を残さない」ように退職の仕上げを進めるようにしましょう。お世話になった方へのご挨拶も重要です。

 

転職までの大きな流れを見てきましたがいかがでしょうか。このサイトでオススメしている転職サイトでは、転職活動期間だけではなく、転職後も職場になじめるように引き続きコンサルタントがサポートしてくれるところがたくさんあります。良いパートナーを見つけ、円滑な転職活動になることを願っています!


薬剤師転職サイトランキング!転職サイトはこう選べ!

コラムのまとめ!

  • 思い立ったその日から転職活動は始まっています。早めに情報収集と転職コンサルタントへの相談をしてみましょう。
  • 転職活動は、当たり前ですが「転職先を見つけること」「円滑に退職すること」の2つをスムーズに進めることです。
  • 転職コンサルタントにしっかりサポートしてもらいながら、着実に早め早めにタスクをこなしていきましょう。
薬剤師転職ランキングからおすすめサイトを選ぶ!
薬剤師の口コミから転職サイトを選ぶ!

この記事を読んだ人は次にこんな記事を読んでいます

  • 薬学研究開発に取り組むための薬剤師から薬学者への転職は可能か 薬剤師が転職して薬学者として「研究職」に就くにはどのような場があるでしょうか? 研究開発の場としては、製薬会社の他に、食品、化粧品、化学薬品などの会社があります。 研究職のハードルの高さの理由は、特定の大学で博士号を取得していることや、研究職での実績を持っていることなどが条件となっている場合が多いからなのですが、その条件の中には薬剤士の資格が含まれている場合があり […]
  • めざせ管理薬剤師キャリアアップして大幅年収アップを実現 どんな場所で管理薬剤師は活躍しているのか これから管理薬剤師の求人を探そうとしている人にとって、管理薬剤師が必要な職場はどんなものがあるのかをご説明します。 調剤薬局やドラッグストアなどはもちろん管理薬剤師が1人以上在籍している必要がありますが、他にも医薬品を扱う工場やメーカーにも管理薬剤師は必要です。 また医薬品を扱う物流センターなども対象になってきます。 […]
  • 病院薬剤師の仕事内容は多種多様、やりがいのある病院へ転職する 調剤薬局の薬剤師と病院薬剤師の業務の違いとは 病院薬剤師の仕事は、医師から処方された医薬品を患者さんに渡すことや調剤業務を行うわけですが、病院薬剤師の仕事はそれだけにとどまらず、患者さんに服薬の指導をしたり、注射を使用したり、点滴をして患者さんに投与することが求められることがあります。 調剤業務の他に製剤業務というものがあります。 製剤業務とは、市販されてない薬 […]
  • 調剤薬局の求人は大都市より地方が高収入なワケ 都会の調剤薬局はそれほど条件がよくない。 東京や大阪といった大都市の大手チェーンの調剤薬局の求人は、それほど年収が高くないというのが通説です。もし仮に大都市の駅の近くのビルの薬局で高年収の求人が出てもすぐに応募が殺到してしまうからです。 逆に地方の調剤薬局は人手が不足しやすく、特に地方でも僻地の薬局に勤務したいという薬剤師さんは非常に少ないのが現実です。 そのた […]
薬剤師のための転職コラム一覧に戻る
ページの一番上へ