あなたの口コミ募集中
薬剤師さんの転職体験談を投稿すると商品券2万円分がもらえる!

薬剤師の転職市場で自分にあった職場とは

薬剤師が転職を考える時に、どのような職場があるのかということと、それぞれの職場の環境について調べたいことと思いますが、ここでは大まかに薬剤師の職場の種類と、職場環境について考えてみましょう。

転職することで何を望むのかということによって、最適な転職先の職場は異なるからです。 一般的に人気の高い職場が自分にも向いているのか、もっと他の働き方が向いているのか、自分が希望する働き方にあう転職先を探しましょう。


薬剤師の転職先で人気が高い職場は調剤薬局

調剤薬局は、処方箋に沿った薬を出す薬局ですが、勤務時間が安定している、調剤業務に関われることや直接患者と話ができることなどから、やりがいを感じることができる、有給や長期休暇が取りやすい、お給料が良いなどの理由から、人気の高い職場です。

ただ、2016年4月から調剤報酬改定が実地される為、お薬手帳と薬局の点数の関係が変わること、今までの患者に対する調剤した薬剤についての説明、ジェネリック医薬品やお薬手帳の必要性の説明などに加えて、残薬調整の業務が増えることなど、実地後は現状とは状況が少し変わるかもしれません。

この春以降に調剤薬局への転職を検討されている場合は、十分に情報を集める必要がありますね。

 

 

スキルアップしたい人に人気の高い病院薬剤師

病院薬剤師の仕事は、患者の治療に関わり、医療の現場で働いていることを実感できる仕事であり、研修やカンファレンスなど学習するチャンスに恵まれている職場でもあります。

ただし、給料が低いこと、仕事量が多い上に、研修や勉強会は仕事時間外であり、その準備のための勉強にも時間を取られること、休みが少なく、当直や夜勤をすることもあることなどから、職場環境は他の薬剤師に比べて良いとは言えません。

新たな知識を得てよりスキルアップしたい人には最適な転職先ですが、ゆったり働きたい人には向かない職場であるとも言えます。

また、病院薬剤師の仕事は、求人倍率が高い上に非公開求人が多いので、十分な情報網を持っていないと、簡単に見つかるという訳にはいかないのが現状です。

 

 

最も転職しやすい職場はドラッグストア

ドラッグストアには、調剤薬局が併設されているタイプのドラッグストアと、薬剤師がいなくても販売できる医薬品や化粧品などだけを販売しているタイプのドラッグストアがあります。

調剤薬局が併設されているタイプのドラッグストアの場合は、調剤業務や服薬指導をしますが、どちらのドラッグストアであっても、市販薬やサプリメントを購入するお客様のアドバイスなどが主な業務です、その他にレジ打ちや品出しなどの業務も行います。

その為、給料は他の薬剤師の仕事に比べて条件が良く、求人数が多いので転職しやすいのですが、薬剤師としての新たな知識を身に付けるチャンスには恵まれません。

また、薬剤師の資格を持っているのに雑務もしなくてはならない、経営者側から利益率の高い医薬品の販売を要求されることなどから不満が溜まってしまう人も少なくありません。

今すぐ転職したい、もっと高い給与が欲しいというだけで手軽の転職先を決めてしまうと、後で後悔することになる恐れがありますので、雇用条件だけではなく、職場環境について調べることが大切です。

での実績を活かすにはどのような場に応募することが有利なのかなどを調べて、納得のいく転職先を選びましょう。

 

十分な情報を得ることが転職を成功させるポイントです

自分がどのように働きたいかということや、どの程度の年収を得られるのかということは人生にとって非常に重要なことです。

情報量の豊かな転職サイトに登録して、納得のできる転職先を探しましょう。

 

 


薬剤師転職サイトランキング!転職サイトはこう選べ!

コラムのまとめ!

  • 最も転職しやすい職場はドラッグストア
  • 十分な情報を得ることが転職を成功させるポイント
  • 情報量の豊かな転職サイトに登録して、納得のできる転職先を探し
薬剤師転職ランキングからおすすめサイトを選ぶ!
薬剤師の口コミから転職サイトを選ぶ!

この記事を読んだ人は次にこんな記事を読んでいます

薬剤師のための転職コラム一覧に戻る
ページの一番上へ