あなたの口コミ募集中
薬剤師さんの転職体験談を投稿すると商品券2万円分がもらえる!

主婦でもなれる?薬学部・国家試験を通過しよう!

これから病院薬剤師として転職したいという人のために、病院内に勤務する薬剤師の1日のスケジュールについて学びたいと思います。

病院薬剤師の仕事は、調剤薬局に勤務する薬剤師のように処方箋を見て患者さんにお薬を渡すといったことだけでなく、医師や看護師とともに患者さんの症状などを見ながら行う業務が多々あります。多様でさまざまな業務をこなす必要があるので病院薬剤師の仕事内容をここで確認しておきたいと思います。


薬剤師は国家資格!薬学部に6年その後国家試験

薬剤師は薬局や病院で調剤や医薬品の供給をする医療従事者で、難関の国家試験をパスしなければ資格取得に至ることのできない職業です。 そして大学の薬学部や薬科大学で6年(2006年以前は4年制)の養成課程を修了したものでなければこの試験を受験することはできません。 したがってこれから薬剤師になりたいと思う人は、大学受験をして薬学部に合格して6年間勉強した上でさらに国家試験を通過しなければなりません。

 

ハードルは高いけれど主婦から薬学部に入学した事例も

主婦が薬剤師になる上で一番問題になるのは実は年齢的なことではありません。 実際に30歳前後から薬学部に入学して学んでいる人は多いです。 問題は子育てや家事をしながら勉強することは時間的にも制限が多く、学業に集中することが困難になってしまう点です。 これは夫や家族のサポートがなければ途中であきらめてしまう可能性があるし、薬学部を卒業することに時間がかかったり、国家試験を何度も受けなければ合格しないといった状況に陥ることも多々あります。

 

人生はまだ長い薬剤師になって素敵な40代・50代を迎えよう!

薬学部を卒業して薬剤師国家試験を通過したあとは、調剤薬局や病院、ドラッグストア、製薬会社などで働くことができます。 薬剤師はフルタイムではなく、パートタイムや派遣でも高時給で働くことができるので、困難な勉強と試験をくぐり抜けた恩恵を得ることができるでしょう。また薬剤師は40代、50代でも活躍できる職種であり、男性よりも女性が多いのでこれから主婦にどうしてもなりたいと思うならぜひ挑戦してみるといいでしょう。

 

薬剤師への道のりは大変だけれどチャレンジの価値はある

このように主婦であってもこれから薬剤師になりたいと思う人は多いものです。 薬学部に合格して6年間勉強することは非常に困難なこともありますが、国家試験に合格すればその後の仕事はある程度安泰といえるでしょう。 将来的に薬剤師が需要に対して余ってしまうのではないかという懸念がありますが、調剤薬局、ドラッグストア、病院、医薬品や製薬会社などの企業などで活躍の場は多いので、「もう遅い」と諦めずにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 


薬剤師転職サイトランキング!転職サイトはこう選べ!

コラムのまとめ!

  • 主婦であってもこれから薬剤師になりたいと思う人は多い
  • 薬学部に合格して6年間勉強することは非常に困難
  • 国家試験に合格すればその後の仕事はある程度安泰
薬剤師転職ランキングからおすすめサイトを選ぶ!
薬剤師の口コミから転職サイトを選ぶ!

この記事を読んだ人は次にこんな記事を読んでいます

薬剤師のための転職コラム一覧に戻る
ページの一番上へ