あなたの口コミ募集中
薬剤師さんの転職体験談を投稿すると商品券2万円分がもらえる!

ブランクがあっても大丈夫?薬剤師さん復帰の為に準備すべきコト

薬剤師として国家資格を取り、調剤薬局などで仕事につくことができれば収入も非常に安定したものを得ることができます。

しかし薬剤師として調剤薬局で働きながらも結婚や出産を機に一度現場を離れてしまうということが少なくありません。

特に短期間、薬剤師の仕事を離れるだけならそれほど問題になりませんが、子育てで10年近くブランクがあると薬剤師として働くための知識やスキルが大きく変わっていることも少なくありません。


現在の薬学知識レベルを確認する

女性の薬剤師は非常に多く、結婚後も家事や育児と両立しながら働きたいと思う人も少なくありません。

 

しかしブランクがあまりに長いと保険制度や医薬品の種類などにも変化が出てきて、いかに国家資格を持っていてもすぐに復職してバリバリ働くということが難しい場合もあります。

 

転職活動の際に面接で「本当に薬剤師ですか?」と言われ、知識の無さを露呈してしまうこともあるわけです。

 

新薬の開発や薬事法や保険制度の変更点など押さえておきたいポイントがたくさんあります。

 

まずは情報集

そういったブランクのある人は、再就職の為の情報収集を徹底する必要があります。

 

それは今、薬剤師の現場がどのようになっているのか、調剤薬局で働くために必要な予備知識を確認しておく必要があります。

 

例えば、10年以上のブランクのある薬剤師さんにとってはジェネリック医薬品が普及してきたことを実感していない場合がります。

 

その他にも保険制度の改正や新しい決まり事なども多数存在しています。

 

そういった「薬剤師の今の現場」がどうなっているのか事前に勉強することがなによりも重要です。

 

ブランクのある方向け再就職支援サービスを受ける

さらに具体的に復職のために薬剤師として再び転職活動をするために何をしたらいいのかというと、調剤研修のある薬局の求人情報を集めたり、日本薬剤師研修センターが開催する研修やセミナーなどを受講するといった行動が求められます。

 

他にも日本女性薬剤師会といった団体もあり、女性(男性)をサポートしてくれるため薬剤師として復帰を考える人は積極的に活用した方がいいでしょう。

 

こういった研修制度やセミナーを活用することで、転職活動がスムーズに行ったり、復職した後も即戦力として上手に溶け込めるようになる可能性が高まります。

 

ブランクのある薬剤師さん転職活動まとめ

また個人的に情報を収集したり、研修や勉強会に参加して転職活動の準備をするのも良いことですが、薬剤師の転職を専門的に扱う転職エージェントや大手の調剤薬局では、自前の研修システムを用意しているところもあるのでチェックしてみるといいでしょう。

薬剤師として復帰することはそれなりに大変ですが、時代が変わり、薬剤師としての働き方は変化しても、薬剤師であるという資格はなによりの強みであり、アドバンテージであることを忘れないでください。


薬剤師転職サイトランキング!転職サイトはこう選べ!

コラムのまとめ!

  • 現在の知識レベルを再確認する
  • ブランク期間が長いほど情報取集に時間をかける
  • 再就職支援サービスを受け感を取り戻す
薬剤師転職ランキングからおすすめサイトを選ぶ!
薬剤師の口コミから転職サイトを選ぶ!

この記事を読んだ人は次にこんな記事を読んでいます

薬剤師のための転職コラム一覧に戻る
ページの一番上へ