あなたの口コミ募集中
薬剤師さんの転職体験談を投稿すると商品券2万円分がもらえる!

薬剤師免許の活かし方

大学や企業の研究所で研究職をされている方は薬学部出身の方が多いそうです。というのも薬学部出身者は研究職の就職に有利だそうです。

本コラムでは薬剤師免許がどのように有利なのかご案内させて頂きます。


研究者は悪くない?

転職を考え、各検索サイトで求人情報を何度かご覧になられた方はお気づきでいらっっしゃるかもしれませんが、各企業や大学の研究職募集ページの採用条件には必ずと言っていいほど「薬剤師免許必須」、「要薬剤師免許」などの条件が記載されています。

 

研究職での転職をお考えでなかった薬剤師さんも是非一度研究職募集の求人に応募し、お話を伺ってみてはどうでしょうか。

 

もしかしたら研究職への転職もいいかもしれないと、ご自身で気が付いてなかった想いに気がつけるかもしれませんね。

 

せっかく薬剤師免許を持っていらっしゃるんですから研究職への転職も是非検討してみてください。

 

研究職のメリット

研究職の魅力はなんといっても研究の結果、成果次第で「世界の常識を180度変えることができる」この魅力に尽きるのではないでしょうか。

 

世界を変えるなんてと思うかもしれませんが全く大げさな話ではなく現在の世の中で役に立っているものは研究者が出した成果によって生まれたものが非常に多くあります。

 

研究の分野にもよりますが研究者は創造者とも言えますね。

 

研究職のデメリット

とはいえ、研究職も楽な仕事ではありません。

 

結果を出せればそれなりにの地位や名誉、お金もいただけますが、結果が出るまでは大変で、職場環境を考えると楽な仕事ではありません。

 

まず拘束時間が非常に長いです。

 

研究の課題ににもよりますが何日も家に帰れないと言う話も耳にすることがあります。

 

また、任期制の契約ですと安定的な職業とはならない場合もありますし、給与も拘束時間を考えるとあまりいい給料とはいえません。

 

どの職業でも言えることですがデメリットはありますが、研究の成果を出せた時はデメリットも感じないほどの充実感、達成感を味わえるお仕事ではないでしょうか。

 

現在、薬局で勤務されている薬剤師さんも少しでも研究職に興味があれば是非研究職への転職もお考えになってください。

 

薬剤師免許の活かし方まとめ

当サイトでは研究職への転職に強い転職エージェントさんが多く在籍したリクルート会社さんも紹介していますので、まずは複数社まとめて登録され各社の転職エージェントさんとの面談で気の合いそうな神羅できるエージェントさんにご相談されることを強くお勧めいたします。

 


薬剤師転職サイトランキング!転職サイトはこう選べ!

コラムのまとめ!

  • 研究職に薬剤師免許は必須
  • 研究職には世の中を変える可能性がある。
  • 研究職では高い給料はあまり望めない。
薬剤師転職ランキングからおすすめサイトを選ぶ!
薬剤師の口コミから転職サイトを選ぶ!

この記事を読んだ人は次にこんな記事を読んでいます

薬剤師のための転職コラム一覧に戻る
ページの一番上へ