あなたの口コミ募集中
薬剤師さんの転職体験談を投稿すると商品券2万円分がもらえる!

薬剤師さんの働き方について

薬剤師さんに限らず言えることですが、雇用形態は迷うことなく正社員として正規雇用されることを望まれる方が多いと思いますが、結婚・育児・出産、または家族の事情など様々な理由でフルタイムで働けなくなり、やむなく転職されたり、雇用形態を変えたりと、キャリアアップや年収アップ以外にも様々な利用で転職を希望される方がいらしゃいます。

そこで今回は「雇用形態」に関してご紹介させていただきたいと思います。


雇用形態1.正社員

正社員はとにかく安定という言葉で集約できる雇用形態で、容易には会社の都合で解雇することは難しいですし、給与に関しても毎月必ず振り込まれます。

 

合わせて会社の業績次第ですが基本的には夏と冬、決算期と3回の賞与があったり、会社への貢献度が高い人材には昇給など一番待遇のいい雇用形態です。

 

ただし、基本的には必ずフルタイムで会社が決めた曜日と時間を守り働かなければなりません。

 

拘束時間が長いため、子育てや家庭の事情によりフルタイムで働けない場合は正社員として雇用してもらうのは難しい。

 

雇用形態2.派遣社員

派遣社員と正社員の大きな違い拘束時間を希望する時間、曜日、日数で選択できるところです。

 

また、アルバイトやパートよりも時給が高い場合がほとんどで効率的にお金を稼げるところです。

 

ただし、基本的には短期間の契約が多く、長く同じ条件で働きたいと思っても契約企業の都合で働ける期間が決まってしまうため、長く働きたい場合には向いてない雇用形形態です。

 

ただし、いろんな職場で働きたい、短期でお金を稼ぎたいと言う方にはうってつけの雇用形態ではないでしょうか。

 

雇用形態3.パート、アルバイト

パートやアルバイトは子育てや、家事、家族の世話など、ご家庭の生活を重視されたい方に最も適した働き方です。

 

希望の勤務時間や日程で働くことができるので短時間だけ働きたい方にもオススメな働き方です。

 

それに薬剤師さんのアルバイトやパートは一般的なアルバイトの時給相場より高く、平均的な時給は2000円以上です。

 

薬剤師さんの働き方まとめ

どんな職業、職種においても自分の生活にあった雇用形態を選択することが重要です。薬剤師の資格があればアルバイト・パートの契約でも時給は最低賃金の2倍から3倍以上です。また、アルバイトの契約だとしても任されるしごとが増え、頼りにされる存在になれば時給UPをしてくれる職場は多くあります。薬剤師さんの資格はご自身のライフスタイルに合わせて働ける資格であると言えます。


薬剤師転職サイトランキング!転職サイトはこう選べ!

コラムのまとめ!

  • 正社員は長期雇用で安定した収入を得られますが拘束時間が長くなります。
  • 派遣社員は自由な勤務スタイルで働けますが長期雇用は望めません。
  • パートやアルバイとは賃金は低くなりますがライフスタイルに合った働き方ができる。
薬剤師転職ランキングからおすすめサイトを選ぶ!
薬剤師の口コミから転職サイトを選ぶ!

この記事を読んだ人は次にこんな記事を読んでいます

薬剤師のための転職コラム一覧に戻る
ページの一番上へ