あなたの口コミ募集中
薬剤師さんの転職体験談を投稿すると商品券2万円分がもらえる!

病院薬剤師の仕事内容とは?【メリット・デメリット】

ひと昔前までは、病院薬剤師の主な仕事内容は調剤でしたが、院外処方が増えた現在、病院薬剤師の仕事内容は大きく様変わりしました。薬局薬剤師よりも、仕事内容は幅広く、また医師や看護師とのコミュニケーションも必要になります。ここでは、病院薬剤師の仕事内容とそのメリット・デメリットについてご説明します。現在病院薬剤師への転職を考えている方や、新たな職種を希望している方もぜひ参考にしてください。

 

*病院薬剤師の主な仕事内容について

病院薬剤師の仕事内容と、調剤薬局薬剤師の仕事内容には似ている部分が多くあります。基本的な部分は同じですが、プラス患者さんとの距離の近さや、医師や看護師とのコミュニケーションが増える点はかなり異なる点といえるでしょう。その他、調剤薬局ではほぼ使用されない注射薬や点滴での投与を行う機会もあります。また、医師と薬剤師が協力して患者さんの薬物療法経過を見守る「薬物治療モニタリング」も、病院薬剤師独自の仕事内容です。

 

 

*病院薬剤師のメリットとは

薬剤師といえば病院薬剤師、と考える人が多く、特に新卒の学生人気が高い病院薬剤師。医療の現場で働くために、最新の医療知識について学ぶことができ、勉強会などの院内研修も充実している点も大きなメリットといえます。また、他の職種よりも患者さんとの距離が近く、自分が治療に携わっているというやりがいも感じられるでしょう。医師や看護師とチームとなり、仕事を行うことが多いため、チームワークも身につきます。

 

 

*病院薬剤師のデメリットとは

病院薬剤師のデメリットとして最もあげられるものは、仕事内容ではなく給料の面。必ずしもそうとは言えませんが、同じ薬剤師というジャンルで見た場合病院薬剤師は他の職種よりも給料が低い場合が多いもの。また、病院によりますが、休みが不規則だったり、当直があったりと体力面で辛いという声も。病院内に薬剤師が少ない場合は、1人あたりにかかる負担も増えるため、精神的にも大変です。

 

 病院薬剤師の勤務待遇は「病院によって変わる」ことをお忘れなく

実際に、病院薬剤師の仕事内容は病院が変わっても大きく変わることはありません。しかし、勤務待遇は病院によって大きく違うもの。つまり、今病院薬剤師として働いている人が他の病院に転職したいと思ったときも、今別の職種で働いている人が病院薬剤師として転職したいと考えたときも大切になるのは情報収集といえます。しかし、なかなか病院薬剤師の実情は外から見ているだけではわからないもの。そこで頼りになるのが転職支援サイトの、転職支援エージェント。まずは登録を行い、あなたが希望する勤務待遇をお話ください。あなたの希望に合う転職ができるよう、力をかしてくれるはずです。


薬剤師転職サイトランキング!転職サイトはこう選べ!

薬剤師転職ランキングからおすすめサイトを選ぶ!
薬剤師の口コミから転職サイトを選ぶ!

この記事を読んだ人は次にこんな記事を読んでいます

  • 薬剤師が研究職に転職をする場合のポイント 薬剤師として日々たくさんの薬と向き合っていると、「こんな薬があればいいなあ」と思う事があります。 患者さんとのやり取りも重要な薬剤師の仕事ですから、患者さんを少しでも楽にしてあげたいと思うのは当たり前のことです。 […]
  • 病院や薬局勤務の薬剤師が外資系企業へ転職する方法 薬剤師の転職先として人気があるのが外資系企業です。病院や調査薬局、ドラッグストアでの収入よりもアップすることが人気の要因となっています。 外資系企業で働くと様々なメリットがあり、これまでに経験をしたことがないよう […]
  • 薬剤師が結婚をきっかけに転職をする場合のポイント 薬剤師が結婚を機に転職を検討する事例が多くなっています。 病院に勤務している薬剤師は残業があるので残業が無い職場を探してみたり、これからはお金が必要になるので収入をアップさせたいと考えてみたり、結婚が転職を考える […]
薬剤師のための転職コラム一覧に戻る
ページの一番上へ